Das ist die wahre liebe, 

die immer und immer sich gleich bleich,
Wenn man ihe alles gewaehet, wenn man ihe alles versagt.

[Goethe]

 

厳寒の地、グライブに出現したのは氷の大樹、フリーレン。

曇天を裂き、逆さに伸びる枝が地に触れたれば土地は滅ぶという。

大樹の手がかりは五枚の石版、解読できるのは言語学者のみ。

災厄により二年の余命宣告を受けた吸血種達の元へ、隣国からの使者が訪れる。

主人公カリヴァルドは種族性管理を担う立場から賓客を遇し、

彼の妹ノウェルズは言語学者として古語の解読を急ぐ。

国の大事に足並みを揃える兄妹だったが、その関係は死と性とに糜爛していた。

​SOUND

以下の四曲は本作の世界観/ストーリーを基に作曲して頂きました。

※仕様上、再生時のボリュームが小さい場合があります

月想曲 - 星唄-Hoshiuta
00:00 / 00:00
Schimmel - 星唄-Hshiuta
00:00 / 00:00

​作曲・演奏/星唄様

白く照らされた街 - 真島こころ
00:00 / 00:00
冷えた指先 - 真島こころ
00:00 / 00:00

​作曲・演奏/真島こころ様

Frieren

[フリーレン]

突如としてグライブに現れた変事。

曇天を根に纏い、地上へと逆さに伸びる大樹。その枝が地に至るとき、グライブは滅ぶという。

氷の樹の伝説は石板に記述されているが、石板に用いられた祖語、グレンツェ語発声により天災を齎す。故に、仮称をしてフリーレンと呼ぶ。

現在、グライブの言語学者達が石板とグレンツェ語の解析を急いでいる。​

N――e

[吸血種]

グライブに住まう単一種族。

発達した真珠色の犬歯を備え、人の血を啜る最大で三桁を生きる長寿で、性向は穏和。

フリーレン共々、その起源は謎に包まれ、言語学者の研究結果に託すところが大きい。

​*

彼等が近親相姦を侵すことで、淫魔という亜種が生まれる。

これは必ず銀髪に赤瞳という色彩を備え、生まれながらに重要な役割を負う。

Glaive

[グライブ]

吸血種達の土地、その総称。

地図上において森に囲まれ、閉ざされた場所に潜む。景観条例に従い全ての建築物は白い外壁で築かれ、美しく潔癖な街並みを保つ。通年を通して空は曇天、雪が降り積もる

凍気凍障なる現象が起こり、蝋燭から暖炉まで、時に炎が青く変色する。吸血種はこの期間を凍礼祭と呼び、季節の節目としている。

CHARACTER

Kalivalued

[カリヴァルド・クディッチ]

本編の主人公。

吸血種の種族性管理を担う貴族/公爵。グライブの民と歴史に対する責任者彼と妹が十五年を経て再会することで、​物語の幕は開く。

[​PERSONAL]

穏和・社交的。自尊心が高く、執念深い。

Knowels

[ノウェルズ・クディッチ]

カリヴァルドの妹。

グレンツェ語研究の第一線で活躍するも、淫魔の性質により死期が近い。延命のためには精液を必要とするのだが……。

[​PERSONAL]

冷静沈着にして苛烈という、極端な性質。

Olivier

[オリヴェール・ナイア]

十話から登場。

隣国、ペルニスイユの使節団長、

大使としてグライブへ入国する。

​物語を二章へと導く存在。

[​PERSONAL]

情報開示・不可

 

GAME

[分類]

吸血種兄妹相姦ADV(制作ツール未定)​

[対象]

成人向け(R18/性描写、暴力描写含む)

[作者]

​AOchobire